11.伊藤式C-2型

 1.諸元表

 伊藤式C-2型諸元表

 

 伊藤式C-2型 ソアラー

 
               
 

機 体 名

伊藤式C-2型

 

ソアラー

     
 

設 計 者

山崎好雄、

 

 

     
 

製 作 所

伊藤飛行機株式会社

昇 降 舵  方 向 舵

0.960 ㎡   0.790 ㎡

   
 

座  席  数

1

 

翼 断 面

Gött 535

   
 

 (寸 度)

   

翼 荷 重

18.70 kg/㎡

   
 

  全   幅

14.210 m

 

翼の支持法

支 柱

   
 

  全   長

6.232㎡

 

降 着 装 置

   
 

  全   高

1.400 m

 

(重 量)

     
 

全長/翼幅

0.438

 

自  重

145.0 5 kg

   
 

上 反 角

 

搭 載 量

75.00 kg

   
 

後 退 角

 

全備(標準)

220.00 kg

   
 

取 付 角

 

〃(最大)

     
 

平均翼弦

1.200 m

 

性 能 (標準全備重量にて)     

   
 

縦 横 比

13

   

最小沈下速度時

最良滑空比時

 
 

 (面 積)

   

沈下速度

0.79 m/s

 m/s

 
 

  主   翼

15.000 ㎡

 

水平速度

 km/h

49 km/h

 
 

  補 助 翼

2.200 ㎡

 

滑 空 比

 

18.5 : 1

 
 

  水平安定板

1.040 ㎡

 

着陸速度

 

45 km/h

 
               
 

 諸元は川上裕之著「日本のグライダー」、佐藤博・木村春夫著「日本グライダー史」、「航空朝日」、「世界滑空機年報」等を参考にしたが、各書まちまちなため、世界滑空機年報より引用した。

 

備   考   1937年製作

         

本機の三面図をいろいろな書物で見ると、どれも水平尾翼の平面形は前縁後縁平行の矩形となっています。写真を見ると

平行翼の機体もあるが、先細のテーパー翼となっています。設計が変更されたのでしょうか。ご存知の方がありましたら教え

てください。世界滑空機年報には改造型というのがあるが、これも矩形翼になっています。

   

編 集 

 

鳥取市

 松本 陽一 

   

                                              作成責任者 滑空史保存協会本部 河辺 新一


2.図面

 伊藤式C-2型三面図  「滑空機」 朝日新聞社発行より引用


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その1 

http://www.vsha.jp/photo/itouc-2-1.jpg

  

 その2
http://www.vsha.jp/photo/itouc-2-2.jpg
           「滑空機」 朝日新聞社発行 18ページ


4.その他

  航空朝日記事  航空朝日 2巻1号62ページ

http://www.vsha.jp/photo/itouc-2kizi.jpg

 航空時代記事  伊藤式C-2型改造機  水平尾翼先細になる

http://www.vsha.jp/photo/koukuujidai11-8-C2.jpg