27.日本式鳳型

 1.諸元表
  日本式鳳型諸元表

 

 

 日本式鳳型 ソアラー

 

 

 

機 体 名

 日本式鳳型ソアラー

     

 

 

設 計 者

宮原 旭

   

              

   
 

製 作 所

日本小型飛行機株式会社

       

 

       

方 向 舵

0.38 ㎡

   

 

 

座  席  数

1

 

翼 断 面

R.A.F 32 

   

 

 

 (寸 度)

   

翼 荷 重

16.60 kg/㎡

   

 

 

  全   幅

13.125 m

 

翼の支持法

片 持 

   

 

 

  全   長

6.410 m

 

降 着 装 置

車輪 橇 

   

 

 

  全   高

1.800 m

 

(重 量)

     

 

 

全長/翼幅

0.483

 

自  重

148.48 kg

   

 

 

上 反 角

   

搭 載 量

70  kg

   

 

 

後 退 角

   

全備(標準)

218.48  kg

   

 

 

取 付 角

   

〃(最大)

  kg

   

 

 

最大翼弦

1.500 m

 

性 能 (標準全備重量にて)     

   

 

 

縦 横 比

12.8

   

最小沈下速度時

最良滑空比時

 

 

 

 (面 積)

   

沈下速度

0.788 m/s

0.759 m/s

 

 

 

  主   翼

13 16㎡

水平速度

62.64 km/h

70.92 km/h

 

 

 

  補 助 翼

1.57 ㎡

 

滑 空 比

24.7 : 1

25.8 : 1

 

 

 

  水平安定板

1.76 ㎡

 

着陸速度

 

52.92 km/h

 

 

 

    昇  降  舵

0.54 ㎡

         

 

               

 

 

 諸元は世界滑空機年報より引用した。

 

 

備 考  

 

 

 

   

編 集 

 

鳥取市

 松本 陽一 

   

 

                                    作成責任者 滑空史保存協会本部  河辺 新一

 

  

2.図面

  日本式鳳型三面図   世界滑空機年報69ページより

3.写真

  その1    滑空機 朝日新聞社発行1ページより

http://www.vsha.jp/photo/nihonsiki-ootori.jpg

4.その他

  9月には、かねて航空局が奨励金を出して試作させていた伊藤飛行機のC6型と佐藤式TC型、福田前田の前田式六甲1型と2型、日本小型の鳳型の5台の単坐ソアラーができ上り、羽田飛行場で公開飛行をした。
                                                       滑空史年表より  (昭和13年)