テストマイゼ

1.諸元

 

 DFSオリンピア・マイゼ ソアラー

 

 

機 体 名

DFSオリンピア型マイゼ号 ソアラー

     

 

設 計 者

ハンス・ヤコブス

   

      

   

製 作 所

 

D.F.S.

昇 降 舵

方 向 舵

0.88 ㎡

   

 

座  席  数

1

 

翼 断 面

Gött. 549- 679

   

 

 (寸 度)

   

翼 荷 重

17.00 kg/㎡

   

 

  全   幅

15.00 m

 

翼の支持法

片 持 

   

 

  全   長

7.27 m

 

降 着 装 置

橇 

   

 

  全   高

1.25 m

 

(重 量)

     

 

全長/翼幅

0.485 

 

自  重

174.6 kg

   

 

上 反 角

2°30’

 

搭 載 量

kg

   

 

後 退 角

0° 

 

全備(標準)

255 kg

   

 

取 付 角

   

〃(最大)

kg

   

 

平均翼弦

1.00 m

 

性 能 (標準全備重量にて)     

   

 

縦 横 比

15 

   

最小沈下速度時

最良滑空比時

 

 

 (面 積)

   

沈下速度

0.67 m/s

0.735 m/s

 

 

  主   翼

15.0 ㎡

 

水平速度

56.5 km/h

66.2 km/h

 

 

  補 助 翼

1.2×2 ㎡

 

滑 空 比

23.4 : 1

25.0 : 1 

 

 

  水平安定板

2.13  ㎡

 

着陸速度

 

km/h

 

 

 諸元は世界滑空機年報より引用した。

 

備 考 

    昭和15年にオリンピックが東京で開かれることになり、グライダーも正式種目として取り上げ

られ、その競技用として各国でオリンピア・マイゼが作られることになった。

昭和14年大日本飛行協会がドイツより制作権を得、航空局が福田軽飛行機、伊藤、美津濃、

  東洋金属木工、日本小型の各会社に製製作を命じ、製作した。

   航空朝日第2巻第6号144ページ

   

        マイゼ

登録番号別調査  

   
 登録番号 製作所名   写真掲載の本名  掲載場所ページ   備考表題
 A-1031  輸入機  滑空日本歴史写真輯  16-17  独逸製 オリンピア型
     〃  106  国産と舶来のオリンピア型の初飛行
     〃  108  日本一周曳航飛行
     〃  111   富士山距離飛行
     113   富士山距離飛行
     佐藤・木村 日本グライダー史  67  DFSオリンピア機公開
     朝日新聞社「滑空機」  2、 3、 17  
     DVD 空の第二陣    
         
 A-1032 日本小型飛行機  滑空日本歴史写真輯  19  国産オリンピア型
      〃  111   富士山距離飛行
     DVD 空の第二陣    
         
A-1033  大日本飛行協会  滑空日本歴史写真輯  19  国産オリンピア型
         
A-1050  伊藤飛行機  滑空日本歴史写真輯  19  国産オリンピア型
         
A-1520  福田軽飛行機  滑空日本歴史写真輯  19  国産オリンピア型
     〃  106  国産と舶来のオリンピア型の初飛行
      〃

 113

 富士山距離飛行
     佐藤・木村 日本グライダー史

 67

 国産オリンピア機(福田製)
     川上裕之 日本のグライダー

 163

 

 国産のオリンピア・マイゼ福田軽飛行機製
         
 A-1521  アカシヤ(東洋金属木工)  滑空日本歴史写真輯  18  国産オリンピア型
     〃  113    富士山距離飛行
 A-1522  美津濃  滑空日本歴史写真輯   18  国産オリンピア型
       128  冬季帆走飛行研究会
     川上裕之 日本のグライダー  163  美津濃マイゼの前で常国滑空士
    編 集 鳥取市      松本 陽一
    作成責任者 滑空史保存協会本部        河辺 新一

 

2.図面

画像ギャラリー

画像ギャラリー