光式2.1型

1.諸元表

  2.1型 諸元表

 

 前田式2型(光式2.1型) セコンダリー

 

機 体 名

前田式2型

 

セコンダリー

     

設 計 者

前田 建一

 

 

     

製 作 所

前田航研工業

福田・前田軽飛行機

 

昇 降 舵

方 向 舵

 

0.86㎡

0.62㎡

   

座  席  数

1

 

翼 断 面

Gött. 532

   

 (寸 度)

   

翼 荷 重

10.30 kg/㎡

   

  全   幅

12.530 m

 

翼の支持法

支柱2本

   

  全   長

6.333 m

 

降 着 装 置

   

  全   高

1.510 m

 

(重 量)

     

全長/翼幅

0.505 

 

自  重

119.5 kg

   

上 反 角

   

搭 載 量

65.00kg

   

後 退 角

   

全備(標準)

184.5 kg

   

取 付 角

   

〃(最大)

194.5 kg

   

平均翼弦

   

性 能 (標準全備重量にて)     

   

縦 横 比

8.87 

   

最小沈下速度時

最良滑空比時

 

 (面 積)

   

沈下速度

m/s

m/s

 

  主   翼

17.7㎡

 

水平速度

km/h

m/h

 

  補 助 翼

2.16 ㎡

 

滑 空 比

     

  水平安定板

1.00㎡

 

着陸速度

 

km/h

 

 諸元は世界滑空機年報より引用した。

 備   考

           

昭和12年製作。

         

昭和12年9月前田航研工業が福田軽飛行機と合併して福田前田軽飛行機となり、光式2.1型を生産した。

前田2型と光2.1の見分け方  方向舵  前田 前後に分かれて前は安定板、 光  一体

               昇降舵  前田 翼短が安定板と同型の丸み、 光 翼短直線、台形

記 録  昭和17年1月2日福岡県奈多海岸にて2時間35分40秒 中西利通氏 滞空新記録 

                 編  集      鳥取市     松本 陽一

               作成責任者 滑空史保存協会本部 河辺 新一



図面

  光2.1型 図面        滑空機 朝日新聞社発行 89ページより



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真

  その1 出典 頓所好勝資料より



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

http://www.vsha.jp/photo/hikari-2-1-sonotasono2.jpg

    ※いずれも、航空朝日より引用。 



  航空朝日記事  訓練見るの記  鳥取浜坂砂丘において  
  
 

 http://www.vsha.jp/photo/hikarisiki-2.1gata-sonota-3.jpg

   

http://www.vsha.jp/photo/hikarisiki-2.1gata-sonota-4.jpg

    

http://www.vsha.jp/photo/hikarisiki-2.1gata-sonota-5.jpg

 

   

http://www.vsha.jp/photo/hikarisiki-2.1gata-sonota-6.jpg