15.KK式101B型

1.諸元表

  KK式101B型 諸元表

 

 

 KK式101B型 複座セコンダリー

 
               
 

機 体 名

KK式101B型 

複座セコンダリー

     
 

設 計 者

木村 貫一

 

 

     
 

製 作 所

雄飛グライダー

研究所

寺田楽器、他

 

昇 降 舵

方 向 舵

 

   
 

座  席  数

2

 

翼 断 面

Gött. 532改 

   
 

 (寸 度)

   

翼 荷 重

13.7 kg/㎡

   
 

  全   幅

10.8 m

 

翼の支持法

支柱 2 

   
 

  全   長

6.2 m

 

降 着 装 置

橇 

   
 

  全   高

 

(重 量)

     
 

全長/翼幅

 

 

自  重

100 kg

   
 

上 反 角

   

搭 載 量

Kg

   
 

後 退 角

   

全備(標準)

220 kg

   
 

取 付 角

   

〃(最大)

Kg

   
 

平均翼弦

   

性 能 (標準全備重量にて)     

   
 

縦 横 比

7.3

   

最小沈下速度時

最良滑空比時

 
 

 (面 積)

   

沈下速度

1.15 m/s

m/s

 
 

  主   翼

16.0㎡

 

水平速度

51.8 km/h

61.5m/h

 
 

  補 助 翼

 

滑 空 比

 

1 : 13.5 

 
 

  水平安定板

 

着陸速度

 

m/h

 
               
               
 

 諸元は佐藤博・木村春夫著日本グライダー史より引用した。

 
   

編 集 

 

鳥取市

 松本 陽一 

   

                             作成責任者 滑空史保存協会本部 河辺 新一



2.図面

  探索中です。

3.写真

  KK式101B型 写真

  その1 ←
写真は小さいものです。出展は航空検査官で立ち会っ
         た頓所好勝。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  の2  ←いよいよテストの発航です。尾部でストッパーを保持する
        物の動きが緊張感を出しています。
               
吹流しもご覧ください。「風よーーし、前方よーーし、」声
        が聞こえます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  その3  ←バンジーコードで発航の瞬間です。
        写真ではまだゴム索が空間に浮いています。
その中です
        でに滑空機は頭を抑えて水平滑空です。何と風を感じる
        写真です。
        
このシャッターチャンスは検査官の意図するものがうかがえ
        ます。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4.その他