14.前田式205型

1.諸元表    世界滑空機年報より

 

 前田式205型 セコンダリー

 
 

機 体 名

前田式205.

セコンダリー.jpg

   
 

設 計 者

前田 建一

 

昇 降 舵

      0.9 ㎡

   
 

製 作 所

前田航研工業

 

方 向 舵

0.78 5㎡

   
 

座  席  数

1

 

翼 断 面

Gött. 532

   
 

 (寸 度)

   

翼 荷 重

12.20 kg/㎡

   
 

  全   幅

12.200 m

 

翼の支持法

支 柱

   
 

  全   長

6.480 m

 

降 着 装 置

   
 

  全   高

1.300 m

 

(重 量)

     
 

全長/翼幅

0. 448

 

自  重

124.75 kg

   
 

上 反 角

 

搭 載 量

65.00 kg

   
 

後 退 角

 

全備(標準)

189.75 kg

   
 

取 付 角

 

〃 (最大)

     
 

平均翼弦

1.285 m

 

性 能 (標準全備重量にて)     

   
 

縦 横 比

9.5 

   

最小沈下速度時

最良滑空比時

 
 

 (面 積)

   

沈下速度

0.815 m/s

0.95 m/s

 
 

  主   翼

15.53 ㎡

 

水平速度

38 km/h

50 km/h

 
 

  補 助 翼

2.9 ㎡

 

滑 空 比

13 :1 

14.5 : 1

 
 

  水平安定板

1.04 ㎡

 

着陸速度

 

37 km/h

 
               
 

 諸元は世界滑空機年報より引用した。

 

備   考

           
 

昭和16年完成。

         
 

昭和18年1月4日、生駒山で9時間の滞空記録を樹立。操縦者は西原雄一2級滑空士。

   

編 集 

 

鳥取市

 松本 陽一 

   

 

               作成責任者 滑空史保存協会本部 河辺 新一



2.図面          世界滑空機年報より



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.写真

  前田式205型写真
     
その1    前田航研工場裏の練兵場 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    その2   大阪盾津飛行場
              右滑空士は島本真 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     その3     
      ↑左は美津濃専属吉川精一滑空士



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    その4


      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑機体は関西国防協会使用
            滑空士は島本真

    
その5


      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑福岡前田航研工業から関西に送
      られてきた前田式205型木枠梱包
  出典 その1 谷口次郎市
      その2 島本真アルバム
      その3 吉川精一資料
      その4,5 島本真アルバム

4.その他