9.朝日式駒鳥号

 

1.諸元表

    
朝日式駒鳥型の諸元表
 

朝日式 駒鳥 型 プライマリー

 
               
 

機 体 名

朝日式駒鳥型 プライマリー

     
 

設 計 者

航空局技術課

 

昇 降 舵

      ㎡

   
 

製 作 所

前田航研工業

 

方 向 舵

0.6715㎡

   
 

座  席  数

1

 

翼 断 面

Gött. 532

   
 

 (寸 度)

   

翼 荷 重

10.3 kg/㎡

   
 

  全   幅

10.50 m

 

翼の支持法

張 線

   
 

  全   長

6.00 m

 

降 着 装 置

   
 

  全   高

2.10 m

 

(重 量)

     
 

全長/翼幅

0.505

 

自  重

95.00 kg

   
 

上 反 角

2°

 

搭 載 量

65.00 kg

   
 

後 退 角

 

全備(標準)

160.00 kg

   
 

取 付 角

 

〃(最大)

151.5 kg

   
 

平均翼弦

1.500 m

 

性 能 (標準全備重量にて)     

   
 

縦 横 比

7.2

   

最小沈下速度時

最良滑空比時

 
 

 (面 積)

   

沈下速度

1.1 m/s

1.25 m/s  

 
 

  主   翼

15.50㎡

 

水平速度

42.5 km/h

45 km/h  

 
 

  補 助 翼

1.23×2 ㎡

 

滑 空 比

l  10.6 : 1

10 : 1  

 
 

  水平安定板

1.14㎡

 

着陸速度

 

38 km/h  

 
               
               
 

 諸元は川上裕之著「日本のグライダー」、佐藤博・木村春夫著「日本グライダー史」、「航空朝日」、「世界

滑空機年報」等を参考にしたが、各書まちまちなため、世界滑空機年報より引用した。

 

備   考

           
 

昭和15年10月 完成。朝日新聞社が全国中等学校に寄贈していたプライマリー。設計製作に尽力した

航空局の駒林栄太郎航空官にちなんで「駒鳥」と名を付けた。

●滑空比は最小沈下速度時と最良滑空比時と入れ替わっている。

  

 
 

 

                 編 集   鳥 取 市     松本 陽一

               作成責任者 滑空史保存協会本部 河辺 新一

 


 
前田建一氏直筆諸元表(表)     出典 木村 清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 前田建一氏直筆諸元表(裏)    出典 木村 清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2.図面

朝日式駒鳥号 (貴重な図面)   

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
九州大学から発掘しています駒鳥三面図です。当時前田航研の
知恵袋が九州帝国大学佐藤博、田中丸であったことは周知のこ
とであり、なるほど九大に図面が残っていることもうなずけます。
他にも前田航研開発滑空機の多くが九州帝国大学の門を通って
いることが見えてきます。


3.写真 

 
駒鳥キャンペーンガール (初公開)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前田建一の頭の柔らかさは知る人ぞ知るところである。
すでにこの時期滑空機にキャンギャルを採用してることを知った
時、正直驚きを隠せませんでした。証言者前田航研古老谷口。

写真その1 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↑朝日式駒鳥号完成時の機体検査、前田健一(左奥)が見える貴重な写真
 
 
 

  前田式105号と駒鳥の見分け方

前田式105号と駒鳥はよく似ていますが、相違点を書きました。
 

前田式105型と朝日式駒鳥型の見分け方

 

両機ともドイツのSG式38型プライマリーに非常によく似ている。諸元はそれぞれ違っているが、前田式105型と駒鳥型の外形の違う部分を指摘すると、水平尾翼が駒鳥は前縁,後縁が平行で矩形となっている。また主翼の翼端の丸みを付けた部分に105はリブが入っているが駒鳥はリブが入ってなく丸みの部分が少ない。補助翼の後縁が105は半分ぐらいの位置から先細になっている。駒鳥は平行であるがねじり下げが付いている。

方向舵は105は高さが低くて幅があり少しずんぐりしている。駒鳥は少し高くて幅は細めですらっとしている。形は駒鳥のほうがSG38型によく似ているが、先端に丸みがある。方向舵の後縁下側の角が105は丸みがあり、駒鳥は角である。補助翼の取付位置が105は主翼後桁にヒンジがついている。駒鳥は後桁より少し離れたところにヒンジが付いている。主翼の後桁の位置が105は前縁より65%ぐらいの位置にあるが、駒鳥は

50%付近にある。胴体橇の部分の緩衝装置が駒鳥には付いているものもあるが、105にはない。(機首の先端から前側緩衝ゴムに向けて付いている金具)駒鳥のほうが初心者用として安定性を高めた設計となっている。

前田式105型の前部胴体の支柱の結合部上側先端には降着張線を一度調節すればその後は4本の張線を別々に調整する必要のないように、降着張線調整装置がついている.

                                                                                                                                           鳥取松本記



4.記事その他

  
駒鳥完成
航空朝日3巻10号41ページ記事
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
更新2011年2月
◆駒鳥号屋外初組み立て
  1、記念撮影  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2、写真裏書きあり