1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
9.林二郎滑空士

  林二郎滑空士と協会は平成18年からの交流が ある。京都の山田八郎滑空士の紹介である。林二郎はもともと京都の出身であったが大陸から引き上げ来たとき福岡に上陸し、縁あって終戦後福岡で家庭を築く。   彼の功績はいろいろと残されてきた。やはり昭和18年開催された時の盾津、生駒山記録は残されるべきである。
                        
 書籍「国民航空」 昭和17年7月号 日本国民航空図書
 わずか72ページの月刊誌ですが中身は濃い。
 特に滑空機欄では1級滑空士中野徳衛記名で書かれ 
 る「滑空の常識」は端的でいいものだ。

 


◆冬期生駒山滑翔演習会

  ホームページの「滑空史年表」昭和18年をご覧ください。

 昭和18年

 1月19日から29日まで11日間、大日本飛行協会主催で本 
 会が催され、好成績をあげた。出発回数合計84回、盾津飛
 行場から生駒山滑空場へのグライダー空輸26回、5時間以
 上の飛行7回、最高滞空8時間12分30秒、最高上昇(獲得)
 高度2,180mであった。

 1月23日

 5時間1分(オリンピア)   飛協訓練本部、加藤信三

 6時間6分(巴式は1型)   中央滑訓   朝倉 繁

 6時間34分(巻雲2型)    同右     河西大治

 7時間2分(光式3.1型)    同右     小西五男

 7時間50分(青航鷹7型)    同右     川島盛夫

 1月24

 5時間17分(光3.1型)     飛協京都支部  林 二郎

 8時間12分30秒(オリンピア)飛協宮崎支部  佐藤竹雄



                                                 更新追加


ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日