1、滑空史保存協会蔵
2、小森郁雄寄贈航空朝日全巻
3、小森郁雄
4、久米竹治郎
5、島本真
6、坂口善雄
7、高山宗夫
8、河邊忠重
9、松本陽一
10、山田八郎
11、牧野鉄五郎
12、頓所好勝
13、河邊忠夫
14、川上裕之
15、林二郎
16、牧野勤倹
17、安藤梅行
2、小森郁雄寄贈航空朝日全巻

航空朝日(昭和15年11月創刊)

◆昭和15年版 航空朝日第1巻 

1号 表紙     目次1     目次2     2号    

航空朝日は出版年度が昭和15年11月創刊号で12月号で第1巻が終了します。 ここではその創刊号のみ「目次」を記載しましたが全巻の目次ページはデータ化され保管されています。ページ搭載容量のためここでは開示を割愛していますのでご閲覧希望の方はホームの「活動報告」よりお入りください。

◆昭和16年版 航空朝日第2巻

1号   2号   3号   4号   5号   6号
  
7号   8号   9号   10号   11号   12号 

◆昭和17年版 航空朝日第3巻

1号   2号   3号   4号   5号   6号
  
7号   8号   9号   10号   11号   12号 

◆昭和18年版 航空朝日第4巻

1号   2号   3号   4号   5号   6号 
    
7号   8号   9号   10号   11号   12号

◆昭和19年版 航空朝日第5巻

1号   2号   3号   4号   5号   6号

7号   8号   9号   10号   11号   12号

◆昭和20年版 航空朝日第6巻

1号   2号   3号   4号   5号   6号  

7号   8,9号   10号   11号(終刊)

◆昭和20年

航空朝日 台湾版 第2巻3号   
昭和20年3月   出版
発行所       台北市朝日新聞台北支局
発行兼編集人   宮崎小市
印刷人       台北市 中屋幸友
印刷所       台北市 吉村商会印刷所
配給元       台北市 日本出版配給株式会社 台北支店

台湾版所見
 この冊子を手にしたときはちょっと衝撃でした。理由は二つあります。今、「航空朝日台湾版」があることをはじめて知ったこと。次に当時の日本が台湾を日本領地としていながら、国内版を採用せずなぜにわざわざ台湾版を発行していたのか、ここが不可解でした。
同時期の国内版第6巻3号と目次も変わらずグラビアも同じです。
国内版は全52ページ、台湾版は全50ページの違い。
 記事のトップは双方「B29の設計の検討ー東大助教授木村秀政」で飾られています。かなり違うことは、グラビアは国内版とおなじでも凸版が違うというところです。国内版は生写真から印刷用版を起こしています。そのため、鮮明なものが記載されています。「国内版」参照。しかし台湾版では、この国内版グラビア写真から印刷凸版を起こしたように感じます。「台湾版」参照。
もしや、インクの違いで生じるものかもしれません。
この2枚を比べていただければ一目瞭然です。

『航空朝日 台湾版グラビア』  『航空朝日 国内版グラビア』
  
  








ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日