1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
1.滑空史保存協会

福岡の海鳥社出版「日本グライダー史」を読み終えた感想は、意外物足りなさを感じたのは私だけであろうか。それは故佐藤博の起稿を噛み砕けなかった現著者に帰するところと思われる。佐藤博の遺稿資料の代弁に挑戦したところは認めても中身の精査まではやはり無理であったようにうかがえた。編集に携わった出版社の弁は「とにかく大きな作業であった」と。本文中に多くの「もっと掘り下げた記述がほしい」ところも多くあったが、われわれが佐藤博に並ぶことは不可能であり、ここでは「これなら探せる」ものに挑戦。

本文中、「関急なる冊子に志鶴忠夫の手記があるが、筆不精の彼によく起稿させたものだ」と言うくだりがある。我々は志鶴忠夫が何を書いたのかを注目してみた。以下関急調査の案内で、調査は関西地区調査委員千葉俊夫。

1、近畿日本ツーリストが戦前、関急旅行会社であったこと。
2、戦前「関急」なる鉄道会社が2社存在していたこと。
①関西急行電鉄 昭和16年~19年。
現在近畿日本鉄道ーー参宮急行と大阪電気軌道の
合併、のち南海鉄道も合併し「近畿日本鉄道」。
②関西急行電鉄 昭和13年~15年。
現在近鉄長野線ーー桑名、名古屋の重要区間を開
通したが直ぐ、吸収されて「関急」となっている。
結論は「関急」は現近畿鉄道㈱の前身の会社の社内報であり、現在は社史編纂室に保管されていました。以上が調査の概要です。                          
その1ページ    その2ページ   その3ページ

更新 2011年3月27日

◆ 単座戦闘機「疾風」取り扱い説明書。
原本のコピーですが「丸秘」印もはいっていますね。
かなりのページ数です。        出展 匿名
写真4、表紙     写真5     写真6
◆永遠のジェット戦闘機「F86Fセイバー」のテキスト書。
驚くなかれ手書き表紙。
7、
F86Fテキスト書冊子

更新 2011年8月28日
◆大分県久住日本学生航空連盟滑空場取材
8、
取材はウイキペデイア編集長大山剛文氏
本記載情報は滑空史保存協会スタッフ取材でしたのでHPのトップページ「活動報告」の月事業案内「8月の取材」に移動いたしました。

更新2011年10月16日
この一枚の「雁皮紙タイプ用箋」は、当初何であるのか不明であった。また何処から出てきたのかがはっきりしないのである。多くの寄贈書籍物の中に挟まれていたことまではわかるのだが。またなんであったかが解ったとき「なるほど」と深いため息に包まれた。 終戦と同時にアメリカ進駐軍がGHQとして日本占領に入ります。航空界は選択の余地もなくただただ粛々と軍、民間の航空機リストを作ってGHQに届け、指定日にリスト表と現物を照合し、その場で処分をおこなった経緯があります。当時GHQに差し出すリスト作成をされた方の証言で「神経使ってつくりました、おまけに全部英文タイプ作成が命令でしたので人材確保や米軍がタイプを打って、通訳が和文リストを英訳するなど徹夜徹夜の作業、航空機の処分にはいまでも心が痛む。そうですこのようなリストをつくったのですよ、懐かしいなあ。でもよく残っていましたね。どこの航空機関係でしょうね、フォッカーユニバーサルが見えるので民間でしょう。」とのことでした。

◆9、協会では「大日本航空株式会社」と思うのですが爆撃機も記載されています。是非皆様のお力で解明したいところです。

更新2012年3月25日
◆10、第1回全国小中学校模型飛行機大会

更新2012年6月10日
◆11、幻の零戦 32型修復の感謝状

更新2012年7月15日
◆12、文献資料
全頁60枚に及ぶ手書き資料です。昭和20年以前と思われます。随時公開の予定。
        
更新2012年7月29日
  
         
更新  2012年8月12日
          

更新 2012年9月9日
   ⑯  ⑰  ⑱  ⑲  ⑳

新規  2012年8月12日
◆13、昭和13年「伊太利航空機会社見学報告
とにかく超特級資料の公開となります。昭和13年
日本はドイツ、イタリーへ航空会社の見聞に逓信
省、川崎航空、石川島造船、三菱重工、東京瓦斯電
から学識者を送り込む。欧州ではその来賓を九州大学
佐藤博が待っているのであった。

1、表紙です。手書きのガリ版印刷です。
右肩にシリアル番号「№51」が読めます。誰に配布
されたのかはわかりませんがかなり慎重な取り扱い。

2、冊子37ページの編集後記です。 
昭和13年4月伯林(ベルリン)でおいて印刷、とあります。
帰国する前にガリ版でしあげたのは訪問国の印刷同意
が必要であったのでしょうか。

3、目次

4、訪問会社一覧
  表の1
       
  表の2


更新 2012年9月9日
5、本編36ページ
  
1、  2、  3、  4、  
  
お詫び 本編第1ページは訪欧のメンバーが列記
されております。個人情報を考慮しここで
の一般公開を差し控えます。開示ご希望
の方はお申込みください。
個別対応とさせていただきます。         

  
◆14 
1955年第5回全日本学生グライダー競技大会
記念ベルトバックル


更新2013年6月24日
◆15 毎日新聞社版   グライダー長距離飛行企画書

更新2013年12月8日

◆16 西日本航空協会 昭和35年会員表冊子

更新2014年1月26日

◆17  昭和15年版 陸海軍航空機使用材料一覧表冊子

更新2014年6月15日 

◆18 日本陸軍 滑空機部隊を語る 記載書籍不明

       









ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日