1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
6.山田八郎滑空士


◆山田八郎滑空士
  昭和28年第2回全国滑空機講習会の資料
 昭和27年に第1回講習会が行われています。山田八郎は
1回に続いて2回目も参加しています。学連の教官としてそ
の指導力は後々まで語り草の滑空士。
 
  写真1推薦書   写真2申込書   写真3許可書

◆茨城県石岡中央滑空訓練所教程書
この冊子との出会いは平成15年の7月、京都祗園祭りの
日です。山田八郎宅でご婦人に離れの部屋へ案内いただ
    き、ご本人様と昔のお話に花が咲きました。
「茨城中央滑空訓練所」の教程書です。これは最も貴重
な資料と思われます。ページ数全58、手刷りガリ版です。
訓練所押印朱肉はいまでもみずみずしく光っていました。
よく残されていたものです。
表紙    内容  

◆戦後の滑空機操縦認定大会
昭和29年の認定書

  山田八郎の略歴
  大正11年生まれ
昭和16年茨城石岡中央滑空訓練所普通課1期生で入所
昭和16年普通科第1期生終了
昭和16年2級滑空士免状第665号取得
昭和18年3級滑空士免状第546号取得
昭和18年石岡中央滑空訓練所高等科第5期生として入所
昭和19年同高等科終了
昭和19年1級滑空士、2級滑空教士免状取得第311号、第99号
昭和19年航空隊入隊
昭和27年毎日新聞社主催第1回滑空指導者講習会受講
昭和27年事業用操縦士、教育証明、航空免状を受領
昭和27年時の滑空状況
プライマリー877回
セコンダリー200回
ソアラー87回 飛行機曳航回数68回
本部河辺の聞き取り記 平成15年7月  

更新 2011年9月11日
之はまた貴重な資料です。茨城県石岡に開設された「石岡中央滑空訓練所」の
学事計画書でよく大事に保管されてきたものです。各ページは和紙の裏印刷で折り込まれるその内側には別の印刷が伺えます。昭和18年日本が物資困窮の状態が伺える貴重な資料とも言えるのです。全30ページになります。

                  、         10

11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 
  


 更新2014年5月18日
◆31滑空機技術資格修了書 昭和29年高級機左右旋回義了習得  

更新2014年6月1日
◆32、事故について
その1   その2   その3

更新2014年 7 月 6 日
◆33、随筆など
 
        
 

 

 




ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日