1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
8.河邊忠夫滑空士



河辺忠夫は
河辺忠夫ウィキペデイア版

「昭和27年第1回全国滑空士講習会」昭和27年写真毎日新聞
河辺所有の写真(掲示はコピー)に島本真が人名を記入。ここに写っておられる方でお名前が解る方を教えてください。
この写真の持つ凄さは、戦前の日本の第1線の滑空士が集合したところである。戦前ではありえない場面です。
お名前判明
1、最後列左から4人目、「大久保正一滑空士」
確認、2010年10月 鳥取市松本陽一様


 

◆河辺忠夫は器用であったがまた「チョイ画」もなかなかのものがある。戦地で書いてきたスケッチブックより紹介してみたい。ハガキ大のポケットサイズでした。
1、表紙  2、洋上ルート  3、洋上飛行 4、洋上飛行
5、裏表紙 

更新 2011年1月30日
河辺忠夫岐阜航空隊で記念撮影

河辺の一生にはドラマが付きまとう。
滑空機滞空記録樹が昭和16年2月7日~8日、その翌月「赤紙、召集令状」で3月には兵庫県加古川の高射砲部隊に入隊。ここに大きなドラマが生まれてる。日本記録から入隊までがあまりにも期間が短いので「一新兵」で登録され、上官からは殴る、蹴る、もろもろのいじめの中で口を切り裂き、鼻血をだしながら「これが有名なシゴキ」なんだ、と辛抱していたらしい。体格はずば抜けてよく、「軍服が小さくて合わない」と申し出たら、「恐れ多くも天皇陛下から頂いた軍服に苦情はだすな、自分の姿、形を軍服に合わすべし」とたたかれたそうである。また体格検査では肺活量計を拭くとき「河辺ー、2度吹くやつがおるか」とまた一括。昭和50年病で倒れた時河辺の肺臓をレントゲンで見た医者が「ワー、凄く立派な肺ですね」と関心。とにかく大きな肺でした。
この河辺が何故岐阜の航空隊で記念写真を、、、。乞う次回更新。

更新2013年4月28日
◆河邉忠夫滑空史は昭和16年19歳で滞空日本新記録を作っています。
その2年後、昭和18年には戦地南方で三菱MCに乗って輸送
の任務についていたのです。ここでご紹介するアルバムは河邉の直筆
デッサンスケッチによるものです。よく今まで残されてきたものです。

◆河辺忠夫スケッチブック 第1回

更新2013年5月12日


◆河辺忠夫スケッチブック 第2回

更新2013年5月26日

◆河辺忠夫スケッチブック 第3回

更新2013年6月09日

◆河辺忠夫スケッチブック 第4回最終回

更新2014年4月20日

◆大日本青年航空団発刊「青年航空」
昭和14年12月・第2巻12号記事
「阿蘇滑空大会」における若干18歳の河辺滑空士の手記が発見された。
まさしく幻の手記。名もない青年が一流の清水六之助、田中丸治廣と互角に
飛び回る阿蘇。おまけに機体は佐藤式TCや九帝7型を相手に「鷹七」で挑ん 
でいるのである。果たしてその成績はいかに。 この大会の2年後に福岡県
久留米で河辺は19歳で滞空新記録をつくるのであった。


     
                                                          



ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日