1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
11.谷口次郎市

新規 2014年10月12日

◆1、参上、谷口次郎市自我撮り写真昭和16年

 戦前の日本滑空界でにおいて九州の前田建一は九州帝国大学佐藤博教授を中心にして恵まれた人材の中で滑空機製作開発にまい進するのであったがはたして本当の影武者は誰であっただろう。それは誰も知ることなしにこの世を去って行った谷口次郎市をおいてほかならぬ。前田航研んには多くの逸材が出入りする、木村貫一、柳沢喜助などもいたが前田の阿多になって腕になってコツコツと黙って仕事をこなすのは谷口だけであった。彼は最後まで自分を光らせることもなしに「俺が俺が」と自慢の木貫一と正反対の未知を進んでいた。前田建一のそばを離れることもなく最後の最後まで「自分がいてあげないと親父が可哀想」ガ口癖であった。
谷口はチャールズ・チャップリンのような風貌があって趣味の写真は気具一色をそろえていた昭和14年です。写真は前田式703型ガ記録樹立後の写真、「やったぜ」と自我撮りでしょうね。

◆2、昭和17年1月福岡市六本松前田航研工業の工場事務室に置いて、と書き込み。

事務机にはスイセンの花を飾ってみたり、、彼の性格が見えます。とにかく優しかった。

◆3、昭和17年、ハレーダビットソンに乗っていた

新しいもの好きでした。ハーレーの側車付きです、サイドカーってやつですね。この時期凄く高価なもであったはず。







ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日