1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
14.下里 猛

 

◆2009年5月長崎のご自宅で取材。借り出しコピー写真。

長崎在住の下里猛「満州航空最後の機長」の執筆もある。お部屋の中はかなり日本から離れるデコレーションになっていて「私にとっては日本は外国であり、生まれ育った満州が祖国です。だから日本でめとった妻は外国人の感じがします」と。しょっぱなの挨拶がこれであったので今から始める対談の出鼻くじかれてしまった。
満州は確かに中国とも違い、日本とも違う政局があり
、一種独自の[仮想国」の感触が強く感じる話ばかりであった。
驚いたことは下記写真を見たときでした。 ロシア、旧ソ連と仲好く滑空機や満州航空の航空機訓練にロシアの青年女史も参加していたそうです。下里はいまでもその女史友人の名前も覚えており感慨深い様相がありました。でもソ連はここになだれ込んでおり筆者はここの話のくだりには正直遺憾の意が残っています。民間が上手にソ連に利用されただけではないのかと。何が仲良く訓練であったのか、すべての情報が流出していたのではないかと残念です。またいろんな滑空機にまつわる語りではその時系列が確定できないことが多く、すべてのお話が消去対象となってしまったのです。なかでも「満州航空代表で立川飛行場で大型輸送滑空機の訓練を受けた」話が出ましたがその裏取りに1年かけてもそのような事実に遭遇出来ないのでこの情報も消去。

何か参考情報が出れば教えてください
 

写真1、 、 、   出典 下里 猛
よくご覧ください、ロシア男女子合同です。


更新 2011年 4月10日

下里猛近影        撮影 滑空史保存協会」

                                                 

                                                                            



ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日