1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
16.紛れ込みの資料

 

ご寄贈いただきました書籍の段ボール箱の片隅で「申し訳なさそうに」に張り付く1枚の写真、書籍ページの中にシオリとして役目が途中であった写真などいろいろな想像が呼び戻せる写真です。一枚の写真を大事に保管されてこられ、ここで多くの方々にご覧いただくことでその写真に憂愁の美を飾っていただきます。
(すでに所有権は滑空史保存協会に移行していますので出典名は省略いたします。ただし公開写真に対して何らかのお申し出がある方はご遠慮なくお伝えください。)

写真は明快な説明ができるものには「但し書き」挿入。                                 
、    3,    5、  6、  7  8  9、  10 

11
、戦前のドイツ滑空機「ゴビエル」です。機体はサイドバイサイドですね。 
   
12頓所好勝生家
      13前田航研と俳優伴淳三郎 


更新 2011年2月13日
◆ドイツDFS滑空機研究所開発の「ワイヘ」です。この機体が元になってDFSオリンピアマイゼが誕生します。
13、ワイヘ三面図

更新 2011年3月27日
◆14、佐藤教授追悼記事

更新 2011年6月12日
◆15、昭和16年九州帝国大学航空学科期末試験用紙

◆昭和35年度日本グライダー大阪東京間長距離飛行(案)
このパンフは貴重ですね。企画は残念ながら実施されませんでしたが似たのもで「韓国福岡間滑空飛翔」という企画が九州でも企画されていました。この資料がなかなか見つかりません。 
16  17  18  19  20  21  22  23

更新2014年5月18日
◆24
韓国の航空教科書 1964年版
◆25、ベル47Gヘリコの故障報告書
         昭和35年西日本空輸㈱製作

更新2014年7月6日

◆26、富士山頂測候所お別れ資料



ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日