1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
19.つながりも絆も

いろんな形で往来してきた書簡です。そこには戦時色時代への感想や物事の流れ、人生観や若い男女の淡いお話、勝利か敗戦か、もろもろの語りが一枚の便せんに描かれるのです。ここでは多少固有名詞などはスクリーンをかけますので御承諾ください

◆1、河辺滑空士篇      出典 河辺新一
 はがき  、 青航時代の友人から河辺に。 
     
 2、  同じく阿蘇で滑空機訓練をした仲間から河辺に。 
        3、 河辺の義弟は中華航空上海勤務であった。

封筒   便箋

河辺忠夫滑空士の遺品から出ています。韓滑空士(日本名西原)は長く日本で飛んでいたので、だれも彼が北朝鮮出身とは知らなかったようです。戦前戦後と交流を深めていた河辺とは特段の絆があったように感じます。韓氏はしばらく岐阜の木村貫一率いる「木村滑空機研究所」に勤め、北朝鮮帰国に向けて新潟赤十字に寄宿したときに出した手紙です。彼はそのごどうなっているのでしょうか。故河辺の話では「誉れある祖国に今戻ることの喜びをアリランの歌で踊った送別会であった」由。
文中「落下傘」が話題になりますが現在協会にはこのボックスのみ保存。 

更新 2011年2月13日
◆1952年昭和27年日米平和条約を読んで日本では「自由に飛べる日がくる」ということで全国の滑空機愛好者が 
先駆けていた。福岡では戦前の技術を駆逐して前田航研工業が戦後初めて「双胴タンデムソアラー」として「SM206号まいづる号」を飛ばすのである。当時国内初の米国参下で行われた「第1回日本滑空士講習会」は藤沢飛行場で実施され、参加中の河辺忠夫滑空士がSM206のテスト飛行に
参加できないときは九州大学の田中丸滑空士にバトンタッチ出来る旨を前田建一へ知らせるハガキである。

1、はがき表書き        2、はがき裏書き
         郵便局受付は「昭和27年8月18日藤沢」の消印。



ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日