1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
21.高山宗夫



1、修理明細書       2、社内検査表

資料の現状
高山宗夫とは彼が生前に大阪で一度会い、京都で2度目の会合があった。とてもがっちりした体格でその風貌からは「滑空士」と離れた方にしか想像できなかった。そう、吉川精一の晩年があまりにも枯れた体格で「滑空士」を絵で描く方であったし。
ところで彼の資料にはてこずっているのが事実。また滑空士仲間では彼ほど表裏に精通した滑空士もいないし、資料の保管も常識、想像を超える膨大な資料でとても公開に持ち込めるまでに整理の時間がかかりそう。彼はまた九州大学の佐藤教授初めあらゆる滑空の大御所に食い込んでおりその資料は複雑を極める。たぶん晩年自分ではどうにもならず一気に協会に寄贈されたのではなかろうか。ただし遺贈の滑空機青図のほとんどは「これが重要です」と言っては東京の方が自宅から運び出したことをのち奥様の対談で聞くことになる。高山が日々奥様の協力のもと製作していた「零式戦闘機計器パネル」が広島呉の「大和ミュージアム」に展示されている零式に搭載するご要望がご遺族から出たように聞いたが実行にはいたってない。事実パネルはレプリカであってもその計器は現代のものでしかなかった。ここのくだりはインターネット航空博物館「ヒコーキ雲」主宰から詳細な説明を頂いた経緯もある。歴史は脈々と息づきながら流れているのです。

更新 2011年 3月27日
京都田辺 木津川河川敷滑空場の位置図
         3、木津川河川地図 
 
広い河川敷き、多くの滑空場があったのですね。赤丸がそ
 の位置。

◆大阪信太山練兵訓練所
信太山の情報は少ない。ここは日清日露戦争時期から陸軍の訓練所であった。その地形は大陸を想定したなだらかな丘陵地があり、ここがのち滑空機訓練の場所になっちた。現在は米軍徴収後「日本自衛隊の精鋭部隊育成所」として健在。
4、
信太山全図       5、信太山滑空場域
6、
しのだやま滑空場詳細地図。
高山による注意但し書きが見える。



ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日