1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
22.石村一明


 

新聞記者からテレビ報道に入り多くのスクープを送り出す。
その体からみなぎるエネルギーは「岩をも動かす」力がある。九州大分熊本福岡の県境のさる山間部にはこれはまた美しい河川の流れにがその富をもたらしていた。突然ここに大きなダムを作る話が国から出てからは壮絶な反対運動、強制立ち退き執行と日本のダムの将来を見つめる激しい攻防戦が始まるのである。当時農民が立てこもった「蜂の巣城」はあまりにも有名な舞台となる。陸奥の山間部でも一流大学を出ていた反対派村長「室原」は東京が考えたような男ではなかったのだ。一流の軍的指揮をもち、聡明な解析力は「ダムのもたらす功罪」を論文化し世間に問うのである。室原はだれとも面談しない孤独なそれで居て羨望の指揮官であった。この彼が唯一指名でジャーナリストを名指してきたのは「蜂の巣城陥落前夜」であり、指名はこの石村一明に向けられた。石村はそのような男である。
この「自分は何をすべきか」を考える石村が政治を睨んだ事は福岡県大牟田で取材をおこなった「三井三池炭鉱炭塵爆発事故」取材のすぐのちであったと聞き及んでいる。
石村は清水理化学研究所主宰清水芳太郎、大日本青年航空団企画、日本農事研究などにまい進した清水の顕彰会「創正会」のお世話も果たしている。

蜂の巣城取材のとき写真中央

福岡県大牟田市三井三池炭鉱炭塵爆発事故中央右

三木当時運輸大臣のコメント取り、この位置確保はさすが。中央は進藤進、のち福岡市長。


さて石村と滑空機の接点は何処にあるのでしょうか、更新をお待ちください。

更新 2011年1月30日
大日本航空団清水芳太郎顕彰碑(創生会)
福岡市西区前原に建立の大日本青年航空団(青航)清水芳太郎先生記念碑です。建立実行委員長は石村一明の実父 石村貞夫(碑文は貞夫作、表は古友、元福岡市長進藤一馬) 碑文ブロンズは滞空日本記録者河辺忠夫が自社工場で製作している。 

碑文 
碑文の文言、毛書は石村貞夫                                                     
                         
       



ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日