1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
2.牧野勤倹

◆牧野勤倹◆ 出典 牧野勤倹ご遺族様
              
牧野応用計測研究所  

1、16ミリ記録フイルム
     その1     その2     その3
 牧野勤倹をご存知あれば、かなりの滑空機研究家です。彼はすでに故人ですが、風の研究では秀でた方と信じます。
鳥類の解剖から滑空機を研究、独自の論文も出し、戦後は国鉄から新幹線のトンネル突入出に関する風の研究を依頼されるなど、今世紀の隠れた風エジソンであった方です。
 現在もユニークな計測器を送り出され、牧野応用測器研究所として世界に羽ばたいています。
 2, 光式6.1型  ガラス乾版写真です。何とビンテージなものでしょうか。被写体は現像していませんが、機体は光式6.1型とみました、複座ソアラーです。
3.リブ
 東京の三鷹にありました「航空研究所」で、実験に供与されていた
 木製リブです。滑空機用ではないように見えました。


ちょっと一息・・・
 東京都内で取材をして来ますと、意外や「東京の自然」に出くわす機会が多くありました。皆様が良い環境で生活しておられます。この写真は「牧野研究所」を訪ねてバス停から歩く途中で見つけました。驚きです、なんと食用、菌食キノコです。心にさわやかな風を感じ、「ちょっと一服」のところです。道路に沿ったコンクリートの塀は、その途中で立ち木(エノキ)を守るために、塀のほうが切れていました。
皆様、見えませんか、、、所有者の熱き心が。人は何処に住んでも優しいのです。

更新 2013年3月10日
4.牧野勤倹 スクラップ集
  
  その1

  その2

  その3

  その4 

                                         

 

 

                                               

 

 






 







 

 



ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日