1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
25.金光漢滑空士

  
金光漢滑空士の資料が少しですが集まってきましたのでご紹介します。彼は生駒で昭和16年1月に滞空記録を作っていますが、そこには当時の日本が持っていた強い大和民族意識の壁に出会って精神的に苦痛の記録挑戦であったようです。しかし天は金光漢に支援する勇気ある強い大和男子を見せつけることもあったのです。それはただただ「グライダーはスポーツ」で結ばれた若人の情熱でした。戦前も「スポーツは国境を越えて」を実践出来た男子、それは果たしてだれであったのでしょうか。もし韓国でこのサイトをご覧頂けるときは「この事実」をお伝えください。

◆1金光漢と島本真の仲

更新 2011年2月13日
◆2
1992年12月のクリスマスカード封書      出典 島本真
  
金光漢滑空士は昭和16年の記録滑空における支援の島本真
  を尊敬していた。
◆3クリスマスカード

◆金光漢を回顧する島本真の手記   出典島本真                 4手記1      5手記2

◆6金光漢より吉川精一へのメーセージ封書出典吉川精一ご遺族
◆7金光漢ご夫妻来日で皇居二重橋を背景に出典島本真 
◆8同じく来日時の記念撮影。場所不詳出典島本真
 
右より島本真、吉川精一、金光漢夫人、金光漢、大和択三 

◆9金光漢名刺 吉川精一へ渡したもの  出典吉川精一ご遺族

◆金光漢、日本記録に向けて滑翔中、生駒山のタワーを入れた非常に貴重な写真
10写真1     11 写真2

更新 2011年2月27日
◆12金光漢滑空指導員修了証明書
非常に貴重な証書であるが残念ながらコピーでありそれも四隅がきれていた。出典は金光漢がアメリカから日本の友人におくったもので彼の直筆自叙伝冊子に添付されていたらしい。現在その冊子を追跡中。

更新 2011年5月8日                       出典 島本真
◆13、金光漢の自叙伝「蒼空萬里」の表裏表紙
この書物は韓国の一潮閣より出版、全350ページはハングルですが日本における滑空機滞空日本記録の出発時美津濃クライダークラブより受ける差別的対応は当時の日本が朝鮮半島民族へ向けた差別が見てとれる。
しかし滑空はスポーツと言って頑張ってきた仲間は美津濃の仕打ちにも負けず金をサポートしたことが書かれていた。金の晩年はその仲間との会合に癒しを見出していた。(内容開示に関して現在韓国の一潮閣出版社に打診中)

更新 2011年6月12日
◆ 蒼空萬里の手書き和訳書
これはすごい、執念の手書き和訳です。ワープロ、パソコン、タイプではありません。完全な手書き直筆です。
14、表紙     15、第84ページ



ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日