1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
32.そうだったのか

◆1942年昭和17年日本統治国中華民国台湾において第2回滑空講習会が開催された。当時台湾で使用された写真の機体は大坂福田軽飛行機で葉啓聡が設計し台湾で製作されたものと聞いている。今回初めてその姿形を見たのである。

写真1 セコンダリーと思える。確かに日本では使用しないラインを感じる。仕上がりは国産機よりも美しいものが見える。機体番号B-804というのも珍しいシリアル番号である。

写真2、  写真3   ともに同じ機体。ソアラーとみてもおかしくない。なかなかの仕上がりをうかがえる。光式に似たのがある、九帝7型にも似る。しかし設計者が同様にはまりこむのが垂直尾翼形状である。戦後九州大学佐藤教授はその仲間内から「佐藤先生の機体は垂直尾翼で判断できる」とまで言わせたものがある。この機体も機体の直線に合わない曲線尾よくは作者の性格が出ているところである。



更新 2011年2月27日  出典吉川精一

◆昭和7年大日本帝国陸地測量刊「大坂東北部5万分1地図」発掘。協会は生駒山の滑空で①その滑空エリア②盾津飛行場の場所、をずいぶん探してきました。今回吉川精一資料の中に埋もれるようにして古地図が入っていたのです。これは一枚の大発見でした。協会が2009年生駒に出かけその「滑空場跡地が現在の生駒山山頂駐車場」となっていたことまでは探しておりました。またこの地図に書き込まれています、滑空エリアや盾津村の盾津飛行場位置がすべてを解決してくれます。
1、
地図一部     2、地図に青色で記入(拡大ください)


更新2011年11月20日

◆6  ドイツHSK-3型随筆原稿
          
雑誌への投稿原稿記事ですね。HSK-3型をここまで端的に文章化出来る滑空学識者はごくごく限られます。しかし原稿に執筆名はありませんのであえて公表は避けます。
                   


ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日