1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
41.野沢正寄贈資料

新規 2011年6月12日
シリーズ第1回 明治  
 思えば随分前にご寄贈頂いた滑空機初期の資料です。少ない写真ですので、この資料に付随するものを探していましたがどうしても見いだせませんでした。そのご野沢先生はご逝去され多くの資料が遺族様から日本航空協会へ寄贈されております。これを思うとこの貴重な写真輯がもつ意味が大きく感じられます。
 またご存じの方もおられるでしょうが「野沢式ホルダー」方式は一種「貴重な資料の保管」を見事な簡潔フォルダーで仕上げ「アナログ時代のデジタル検索」様を垣間見ることができます。


1909年  1、明治42年
        かの有名にして不思議な「日本初の滑空は?」で物議かもす機体です。
        そう、ルプリエール機です。しかしこの写真は全く違ったアングルと今までに非公開 
        の貴重な写真です。
        明治42年東京赤羽で撮影された機体と登場人物は貴重なものとなっています。
        この機体は2号機、その後3号機まで作られたルプリエール機です。       

1910年  2、明治43年
        ライト兄弟の滑空機を模写して作られた滑空機です。特徴はやはり翼に張られる
        「布」でなく雁皮和紙で張られたところでしょう。たぶん想定ですが表皮には柿渋が
        塗布されていたことは考えられます。この製作週報は昭和に入って滑空機翼貼り
        にドイツ式布の養生が通常になり忘れ去られたとき突如昭和16年に前田式
        でが出現し滑空界を驚かせるのです。このときは和紙よりも竹製機体が注目されま
        したが 「なぜ竹に布でなく紙」をかけたのかが重要でしょう。もちろん「剛性」を頭に
        置いた前田建一の「いにしえの知恵」の先進と思われます。
        なおこの明治43年型の機体はデーターがすべて不詳です。
        「どなたかデーターをお持ちではないでしょうか」

更新2011年6月26日

1909年   3、明治42年「1」に関するもの。
      上段「1」に関する随筆の記事です。航空情報昭和29年10月号に記載され
        し記事を野沢氏がファイルされておりました。

1010年   4、明治44年実機と明治38年模型滑空機
       満州飛行協会の山敬氏は明治38年に滑空機模型を作り徐々に実機へ挑 
         戦している。この模型の見るべきところは多くあり、のちの滑空機凧につな 
         がってゆく。さて実機と言えば[広島」で実験したようになっている。
         この地形をよく見るとどうも右は海岸と思われる。また索の担当者の少な
         いことや、走る様子が無いことで、どうやらこの機体は人間が乗る飛行機
         凧に近いものがある。操縦にいたっては「正座椅子」の姿勢だし、ただ座
         れる人物であったように感じる。

1909年   5、明治42年版の「1」の写真解説(PDF)



ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日