1.滑空史保存協会
2.牧野勤倹
3.小森郁雄
3-1小森滑空機リスト表
3-2小森アルバム
4.島本真滑空士
5.河辺茂滑空士
6.山田八郎滑空士
7.川上裕之
8.河邊忠夫滑空士
9.林二郎滑空士
10.松本陽一
11.谷口次郎市
12.木村 清
13.大庭 茂滑空士
14.下里 猛
15.長い眠りからの目覚め
16.紛れ込みの資料
17.古のニュースペーパー
18.あんな本こんな本
19.つながりも絆も
20.追憶の彼方
21.高山宗夫
22.石村一明
23.葉啓聡
24.頓所好勝
25.金光漢滑空士
26.前田航研工業
27.平松時善滑空士
28.青葉笙子
29.松下弁二
30.常国隆滑空士
31.前田航研人物像
32.そうだったのか
33.表彰状、感謝状、色紙、免許証ほか
34.吉川精一滑空士
35.久米竹治郎
36.郡 武令
37.河辺忠重
38.岡本徳子・葉徳子
39.木村貫一
40.大日本青年航空団
41.野沢正寄贈資料
42.(財)日本学生航空連盟
43.海外のパンフレット
44,杉山均
45,大久保正一1級滑空士
46,牧野鐡五郎
47,佐藤一郎
48,大和択三
49.タイ王立航空博物館
50,地図「米軍作成篇」
51,佐藤 博
52,弘中正利
53,安藤飛行機研究所
54,乾滑空機研究所
55,セメダイン㈱
56,佐藤博教授
57,東京帝国大学資料
58,神戸グライダー研究会
59,前田建一
45,大久保正一1級滑空士

新規 2011年9月22日
鳥取県大久保正一1級滑空士御紹介
大久保正一 1級滑空士
鳥取市出身、東洋金属木工株式会社(アカシヤ)所属1級滑空士
昭和16年9月鳥取砂丘で自作のハンググライダーの飛行に成功
(下記新聞記事参照)
鳥取砂丘での新聞記事
昭和11年(1936)9月2~4日 朝日新聞社主催全日本グライダー大会
         長野県霧ヶ峰 ウインチ発航ソアラーの部で1位
昭和12年(1937)5月23~27日 第1回日本帆走飛行競技大会
         セコンダリーの部で1位
昭和15年(1940)8月10~15日 第4回全日本帆走飛行競技大会
         富士山5合目出発 3位
昭和15年(1940)10月10日 大阪盾津飛行場にて、日本最初のオリンピアマイゼによる3機直列曳航飛行
昭和16年(1941)5月18日 生駒山滑空場完成記念大会 参加
昭和17年(1942)6月6日 生駒山滑空研究会開会式に高級機による模範滑空
戦後鳥取県高速度スポーツ連盟を結成。昭和28年セコンダリー天馬号を製作。飛行。
天馬号のすべては次回公開になります。(本部)
関西地区の大学滑空部員の指導。
自作のオートジャイロ、ヘリコプターの製作、研究に没頭。
                            松本 記

大久保正一遺品アルバムより御紹介
1、大久保滑空士プライマリーに乗る
2、ドイツよりヒルトが持ってきたゲッピンゲン3型
3、大阪高島屋デパートにつるされるプライマリー
  
この写真と同じものを大阪の島本真滑空士から見せていただいたことがある。これ
   は当時美津濃滑空クラブが行っていた。(河辺)


ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日