情報お待ちします
   1.プライマリー
1、佐藤・前田1号(九帝1型)
2、佐藤・前田2号(九帝2号)
3、九帝9型-A
4、美津濃式102型
5、前田式105型
6、伊藤式A-2型
7、文部省1型
8、光式1.3(文部省型)
9、朝日式駒鳥号
10、日本式鳩型
11、佐籐前田SM式109型セメダイン号
12、アカシヤ朝日式5改1
13、アカシヤ文部省1型
14、伊藤式A-2型改
15、光式1.1(福前式)摩耶型
16、日本式カゲロウ型
17、美津濃式1001型
18、美津濃式101型
19、霧ヶ峰式はとK-14型
20、朝日式駒鳥型戦後
21.河合式2K-1型
22.K.G.K式1型
   2.セコンダリー
1、九帝3型十文字号
2、伊藤式B-2型(トイフェル型)
3、九帝9型-B
4、美津濃式201型
5、美津濃式202型
6、光式2.1型
7、津野式(空研式2600型)水上グライダー
8、日本式鳶3型
9、TKT型
10、進藤式SB6型
11、日本式雉型
12、米田式B-2型
13、巴式ろ1型
14、前田式205型
15、kk式101B型
16、アカシヤ式積雲5型
17、アカシヤ朝日式5型改2
18、光式2.2型
19、前田式2型
20、萩原式H22B
21、斎藤式
22.アカシヤ式積雲3型
23.河合式2KM-1型
24.K.G.K.式3型
   3.ソアラー
1,九帝5型阿蘇号
2、グルナウ式ベビーⅡb型
3、九帝7型
4、ゲッピンゲン1型
5、ゲッピンゲン3型(ミニモア)
6、朝日式1型
7、前田式5型玉屋号
8、前田式6型アサヒクツ号
9、前田式7型グリコ号
10、光式5.1型
11、伊藤式C-2型
12、萱場式H・K式無尾翼機
13、佐藤式TC型
14、前田式六甲1型
15、前田式六甲2型
16、美津濃式3001型ポケットソアラー
17、美津濃式301型
18、伊藤式C-5型
19、アカシヤ卷雲1型
20、伊藤式C-6型
21、日本式鷲型
22、オリンピア・マイゼ
23、光式3.1型(ゲッピンゲン1型改)
24、伊藤式D-1型
25、光式6・1型
26、光式6.2型
27、日本式鳳型
28、日本式鳳2型
29、日本式鷹型
30、アカシヤ卷雲2型
31、日本式トンボ型
32、前田式703型
33、霧ヶ峰式鷹7型
34、前田式ク-10
35、日本小型式「力」型
36、巴式は・1型
37、九帝11型
38、日本式鴨型
39、佐藤前田SM式206型
40、ゲッピンゲン4型ゲフィア
41、ハビヒト
42、阿蘇G
43、九帝12型
44、三田式1型
45、倉橋式KD-1型
46、東大LBS-1
47、東飛式SA型
48、富永式鴎型
49、霧ヶ峰式とんぼ54-1型
50,キー23試作滑空機
51、キー24試作滑空機
52、幻の前田式901型
52、キー25試作滑空機
53,キー26試作滑空機
54,幻の前田式901型
   4.ハンググライダー
1、大久保式ハンググライダー
2、頓所式1型
3、頓所式Ⅱ型マイウイング
   5.モーターグライダー
1、日本式蜂型
2、光式研2型
3、SN-2
4、山菱式SED-8
   6.大型輸送滑空機
1、前田式ク-1
2、海軍空技廠MXY5型
3、福田.日立HT3型
4、立川式D-1型(キ-54)
5、国際航空式ク-7
6、国際航空式ク-8
   7.人力機
1,佐藤前田式S.M-OX
   8.軽飛行機系
1、萱場式4型無尾翼軽飛行機
2、光式8.1型
  9.検討,考案、研究
 10,1946年昭和21年以降
   プライマリ
1、九大式KUー1型
  セコンダリー
  ソアラー
1、SS-2
11、佐籐前田SM式109型セメダイン号

1.諸元表

  探索中です。

2.図面

  探索中です。

3.写真

 SMとは佐藤博、前田建一の頭文字からつけられた。提案は前
 田建一で、すでにSM206号から佐藤は抵抗無く受けている。
 刎頚の交わり、とでも言うのか。佐藤は国立大学の教授として
 「飾らない、おごらないもの」をもっていた。               
 
 
さてこのSM式セメダイン号は前田建一が当時盛んであった模
 型航空の大会の主催や共催を引き受けていたセメダインに話を
 持ち込み、
当時の「セメダイン㈱福岡支店」にいたセメダイン
 社長のご子息に話を出して「斬新なプライマリーを作ろう」となりセ
 メダインがスポンサーで製作。主翼はなんと駒鳥型を採用し胴は
 すでに経験してきた軽く強靭な楕円モノコックであった。なかなか
 の思考であった。(確かにセメダインチューブに似る)
 残念ながらさしたる記録は残されていない。

  佐藤前田SM式セメダイン号写真
  
その1 ←試験飛行は佐賀県唐津市虹の松原海岸にて。真紅の
        胴が記憶に新しい。砂浜から北東を見る。
 
   その2 ←左舷に面白いものがくっついていますね。
 
  その3 ←砂地からのショックコード発進ですのでソリの抵抗を
        少なくする「木製レール」を敷いています。
 
  その4 ←発行寸前の場面、テストは河辺忠夫滑空士.
 
  その5 ←松原を背にしてるようですが波打ち際と平行に滑空
         です。海からの順風をうけて。
 
  その6 ←十分な高度も取れてまずまずの試飛の終わります。
 
  その7 ←これは又貴重な写真です。前田航研工業元岡工
        場。まず天井から「セメダイン号」が釣られていま
        す。
主翼はその下に主翼架台に収まって収納されて
        います。よくご覧くださいその奥に何がみえますか。
        実はセメダインの奥にSM式206号「舞鶴号」の双胴
        尾翼があるではないか。主翼にはJA0008がみてと
        れる。
又作業馬には駒鳥が製作中である。
  出典 その1~6 河辺忠夫滑空士遺品より
      その7   前田航研社員谷口次郎市2005年


4.その他
更新 2011年11月20日
耐空証明報告書控
 


ホーム滑空史年表貴重な資料人物探訪滑空機探索(国内編)滑空機探索(海外編)誰も語らない日本記録工作塾図書室リンク気になる1枚の写真砂丘は知っている動画月刊誌航空朝日